GSX250R 100km/h巡航快適計画

高速道路が苦手と言われるGSX250R
ワシが感じる高速巡航の感想
考える対策について書いていこうと思う

GSX250Rでの高速巡航の現状

100km/h巡航について

巡航100km/hは疲れる

日本の高速道路って大体が制限速度100km/hだと思う
しかし実際走っていると制限速度が巡航速度になっているのがほとんどだ
しかし、GSX250Rにとって100km/h巡航ってステータスの7割を使用してる感じ
中々気合が必要なんだ

追い越しは苦労する

何人かとツーリングしていると思う
追い越しのタイミングで離される
追い越しって車線変更して加速をして追い越す
車線変更をして加速から横の車を追い越すまでの時間が非常に長い
だから追い越しをかける時は予備的に加速をして、速度が乗り始めたら車線変更する
タイミングを見測るのが大変なんだ

油断するとすぐに落ちる速度

少し右手の力を油緩めると落ちる
向かい風でも落ちる
上り坂でも落ちる
気が付くと落ちてる速度
気にしてないと前の車と離れてくる
気が抜けない

時速120km/h巡航について

巡航120km/hは例えるなら無酸素運動

自転車ロードレースのゴール前スプリントの様に気合が必要
息を止めてこぎ続けて耐えきれなく息を吸い込んだら加速が止まる
GSX250Rの120km/h巡航ってそれくらいキツイ
多少の誇大表現はありますが(笑)

余裕の無いエンジン

レッドゾーン11000rpmで8700pmまで回さないと120km/hに到達できない
約80%で巡航してる訳ですよ
そう聞くと余裕が無いでしょ
新東名は一番左を走ろうと思う

速度が上がれば一定に走るのは、より苦労する

速度が上がれば上がるほどスロットルを閉じれば一気に速度が下がる
それに、路面や風の抵抗なんかも速度が上がれば増える
もし120km/h巡航をしなければいけない状況だとすると
常に速度を気にしなければならない
そして速度が落ちそうな場面では落ちる前にスロットルを開けて落ちないようにする
物凄く気を遣う

高速巡航は兎に角疲れる

唸るエンジン

70~80%の回転数をキープしなければならない
物凄くうるさい
うるさいマフラーで低い回転数で走っているよりも純正マフラーで常に高回転の音を聞いている方が疲れる

ものスゴイ振動

高回転になればなるほど増える振動
手はしびれる
お尻は痒くなる
仕舞には耳鳴りの様になる

気を遣う速度

力を抜けない右手
常に気にしなければいけない速度
路面の状況などでスロットルを開ける
巡航ってこんな気を使うもんだっけ?って思う

高速巡航の改善点

兎にも角にもエンジン回転数を下げたい

高回転維持は疲れる

常に回していなければならないスロットル
気を遣わないとすぐに落ちる回転数
ヤカマシ、イエンジン音
巡航中、常にだとやはり疲れる

高回転時の振動は耐え難い

関連記事

 みなさん、カンバンわ。今日のお話はGSX250R乗りならみんな悩んでるであろう振動のお話。   ワシ、そんな酷いかいな  自覚無いんかい[…]

以前にもブログに書いた
GSX250Rの振動は本当問題
それも一番感じるのは、やはり高速道路を運転しているとき
エンジン回転数に比例して増える振動
これもやはり疲れる

燃費も悪い

回転数が上がれば燃費も悪い
唯一といっても良い誇れる点、燃費
それが高速道路での100km/hでは思いっきり悪くなる
とは言いつつも28-30km/ℓ辺りで推移しているのだから他社よりはいい
しかし、GSX250Rの良さはコスパの良さ
それが侵されるのだ
高速巡航の高回転維持は長所を削っていると思う

エンジンに余裕を持ちたい

余裕が無いと疲れる

15000回転回るエンジンと11000回転しか回らないエンジンで
9000回転回した時どちらが余裕が有るかって事
限界近くの回転数になればなるほど
スロットルに敏感になるし
少しの事で回転数は落ちる
最大回転数を増やすことは難しい
それなら巡航時の回転数を下げて余裕を持ちたい

高回転より低回転の方が加速しやすい

回転数が高くなればなるほど摩擦抵抗が増える
更に回転数を上げようと思えば思うほどスロットルを開けなければならない
同じ+10km/h速度を上げようとしても50km/h走行時と90km/h走行時とでは低速時の方がスロットルの開度は少しで済む

疲労軽減

エンジン音の軽減

高速道路を高速巡航していれば振動、風切り音など疲労を感じる要因は有る
その中でもエンジン音
いくら大好きなバイクのエンジン音でも何時間も8000rpmの音を聞いていると疲れてくる
少しでも疲労を軽減するには回転数を下げる必要が有る

振動の軽減

高速巡航していればタイヤのノイズなどで振動は増える
そこに高回転で回るエンジンの振動
常に右手を捻っていなければならないのに振動まで増えたら余計手首がつかれる
振動を減らす意味でもエンジンの回転数は下げたいところ

変更点・スプロケットの丁数

スプロケットの変更

丁数とは

丁数とはスプロケットの山の数の事を云うらしい
そして丁数を変更することで加速を良くしたり最高速を伸ばしたりできる
小さなスプロケットで大きなスプロケットを回せば最高速が増える
そして最終減速機で有る前後のスプロケットの丁数を変更することによって調整する

フロントスプロケットを14丁⇒16丁へ変更

純正14丁から16丁へ
2丁上げる
フロントスプロケットの変更はリアよりも効果が大きい
そして純正対応の16丁を出しているのはサンスターしか無いようだ

リアスプロケットを46丁⇒44丁へ変更

純正46丁から44丁へ
2丁下げる
チェーンの長さが純正の範囲内で変更できる最高値
コスパを重視するのであればフロントのみ交換する方法もある
少しでも最高速を上げたい
チェーンの長さを純正にしたい
フロントを2丁上げた分
リアを2丁下げて帳尻を合わせる

サンスター(SUNSTAR) フロントスプロケット 品番3C4-16(520サイズ/16T)

考えられるメリット

最高速が11000rpmで151km/h⇒181km/h

日本の道路で150km/hや180km/hを出す必要がある場所はまず無い
最奥速は特に意味が無い
しかし、限界が150km/hのバイクと180km/hのバイク
どちらが100km/hを出した時に余裕が有るのか
指針にはなるね

100km/hの回転数が7254rpm⇒6072rpm

今回最大の目的
巡航時に回転数を下げる
理論上の数値になるが、1000rpmは下がる
ノーマルの丁数だと90km/hあたりが走りやすい
それに近い感覚で100km/h巡航ができればと思う

燃費の向上

巡航時の回転数が下がれば
自ずと燃費も上がるだろう
ツーリングの過程で燃費を稼ぎやすい高速道路での移動
その工程で燃費を稼げればランニングコストを下げられるだろう

考えられるデメリット

スタートがしにくくなる

自転車に例えると重いギアで発進する状況になる
自転車であればヘコたれるのは人間だがバイクの場合はエンジンがヘコたれる
ヘコたれた結果はエンストだ
渋滞中、駐車場などの低速移動
GSX250Rのはほとんど縁が無かったエンスト
スプロケットを交換することで頻発するかもしれない

加速が悪くなる

自転車でもそうだがスピードを上げようとする時は軽いギアから順番に上げていく
ギアを下げるのを忘れて発進するとペダルを回すのに時間が掛かる
スプロケットを交換すると云う事は全体的に重くする事
発進から加速まで負荷が大きくなる
高速道路は問題なくても一般道路で信号から信号までの間に加速しきれない
そんなカッタるいバイクになる可能性はある

簡単には元に戻せない

今回はリアスプロケットの交換も考えている
リアスプロケットを交換するためにはリアタイヤの脱着が必要になる
交換してみてメリットよりデメリットの方が際立つと感じても戻す為にはそれなりの時間と費用が掛かる

まとめ

  • GSX250Rは高速巡航時に回転数が高い
  • 余裕が無いので俊敏行動が難しい
  • エンジンが唸って振動も凄いので疲れる
  • スプロケットの変更で回転数を下げられる
  • デメリットも有る

ユーヤん
最後までお読みいただいてありがとうございます。
ぺけ丸
引き続き二輪三昧をよろしくお願いします。
次回予告

目次 1 今のTwitterに思う事1. […]

目次 1 2024年3月1日までバイク、 […]

目次 1 タイヤを購入するまで1.1 年 […]

ユーヤん
次回も、サービス、サービス!!!
ぺけ丸
ヤメロ!!!!
提  供
最新情報をチェックしよう!