マジ、おすすめ!ダートフリーク DRC チェーンブラシ

 
みなさん、チェンシコしてますか!
今回はチェンシコには欠かせないアイツの紹介をしていきたと思います。

DIRT FREAK DRCチェーンブラシ

商品

ディーアールシー(DRC) チェーンブラシ ブルー D59-22-001
5

メーカーホームページ

オンロード オフロード モトクロス エンデューロなどのオートバイ用品は【ダートフリーク/MOTO】でどうぞ!…

おすすめポイント

①二面ブラシは力が入りやすい
②丁度いいブラシの硬さと長さ
③ボディ剛性が高い
④ブラシ部のみ変えられる

チェーンブラシに求める事

汚れがしっかり落とせる

グリスをカキ落とす

チェーングリスは粘度が高くチェーンにへばり付くのでカキ落とせるぐらいシッカリしたブラシが好ましい

表面に浮いた錆をを落とす

雨風に打たれたり、海沿いを走ったり、塩化カルシウムなんか撒かれているとチェーンはすぐ錆びます。
表面だけであればブラッシングだけである程度落ちますが、その分力を入れるのでヘコ垂れないブラシ先が必要。

強いボディ

力を入れてもしならないボディ

グリスをカキ出したり浮いた錆を落としたりするのにどうしても力を入れるのでしならないボディが必要。

歯先が壊れない

力も入れるし、チェーンクリーナーなど有機溶剤も使うのでただのプラスチックだと割れたりするので強い材質な物が良い

今まで使ったブラシ

歯ブラシ

手に入りやすい

どの家庭にも有ると思います。使い古しも知らない間に二本、三本と増えていくので経済的には一番です

面積が小さい

口に入れるものなのでブラシとしては小さめ。
ブラシ先が小さいと手を動かさなきゃいけないので大変です。

チェーンクリーナの影響を受ける

チェーンクリーナや強めの洗剤を使うと毛先が開いたり割れたりする。

裏側が擦りにくい

先端が小さいとは言え裏側を擦るには力が入れにくい。

ナイロンブラシ

手に入れやすい

ホームセンター等で手に入る。

 
WAKO’Sのチェーンクリーナ買うともれなく付いてくるアレです!

少し柔らかい

力を入れすぎると毛先が寝てしまい、グリスや錆をカキ落とせない

面積は歯ブラシより大きい

歯ブラシの倍くらい面積が有るので効率は良い
大きい分裏側をチェンシコする時は仇になる。

持ち手の部分がカビる

木でできているので水分を吸うと良くカビます。

三面ブラシ

バイク量販店で比較的手に入る

基本どこの量販店でも売っているのを見るので手に入れるのはそう苦労しないと思います。

三面なので裏面も磨きやすい

少し角度を変えるだけで裏面も力を入れられる。

プラスチックボディーで力を入れるとしなる

グリスをカキ出そうとすると力を入れたいのですが力が逃げてしまいうまく書き出せません。

角から壊れる

力を入れていくと角から割れていく。
割れてしまったら余計力が逃げるので買い替えが必要になる。

おすすめポイント①二面ブラシは力が入りやすい

表裏、内外まで力が入れやすい

裏まで手を回さなくても裏側を磨ける。

スプロケットの後ろ側から引っ張りながら磨けば裏側もしっかりチェンシコできる。

押し付けながらチェンシコできる

押し付けながらチェンシコすることで側面をより力を入れれる。側面が一番グリス、埃などで汚れているのでしっかりかき落とせる。

ブラシ先がコンパクトで使いやすい

スイングアームに当たらず力を入れられる

腹をチェンシコするとき前後にぎりぎりまで動かせる

スプロケットとホイールの隙間も力を入れてチェンシコできる

小さなボディなのでスプロケットの内側に頭を入れてチェーンの内側に力を入れられる。大きなボディだとホイール等に当たってしまい向きなどが制限されてします。

おすすめポイント②ブラシの硬さと長さ

グリスをしっかりカキ落とせる硬さ

表面のグリス

防錆の為に集めに塗るチェーングリスなので力を入れたときにシッカリカキ落とせる毛先の硬さが有るのは◎

側面のグリス

チェーンの隙間にたまったグリスも少ない毛先でもかき出せる
ローラーにこびり付いたグリスもしっかり落とせる

硬すぎても×

真鍮ブラシの様に硬すぎると表面を削ってしまってメッキなどが落ちてしまったりシールを傷つける事もあるので硬すぎるのは禁物

適度な長さ

力を入れても寝ない適度な長さ

力を入れて毛先が寝てしまう事が無いのでシッカリ力が入れられる

狭い隙間をかき出す長さ

チェーンリンクの隙間やローラーの隙間などに届く長さが有るので磨き残しが少ない

おすすめポイント③ボディ剛性が高い

アルミ製のボディは剛性感抜群

力を入れてもしならない

チェーンのグリスを落とすのに力を入れたときにしならずシッカリ力を伝えられる。

腐食、劣化に強い

水、洗浄剤の影響を受けにくいのでカビたり腐食や劣化等によって壊れる心配が無い。

L字の角で折れる心配が無い

L字の部分は硬めのプラスチックで出来ている

チェンシコしているとチェーン等にぶつけてしまいますが割れたりしないのでガシガシ使える

引っ張手も割れない

裏側や側面をチェンシコするために押したり引っ張ったりしますが開いたりしないのでシッカリ力が伝わる。

おすすめポイント④ブラシの部分のみ変えられる

ブラシ部のみ補修部品として販売している

商品

DRC(ディーアールシー) リペア ブラシ チェーンブラシ用 2個
4.96

リペア品が出ているので長く使える

初期投資が高めなDRCチェーンブラシですが摩耗するブラシ部分がリペア品で売っているので長く使う場合はコスト的に同じか安くなると思う

DRC チェーンブラシの問題点

入手難易度B

有名量販店でもなかなか置いてない

近所のNAP’S、ライコランドでも置いてあるのを見たことが無く、レーシングワールドでたまたま見かけて購入しました。

ブラシ部のネジが錆びる

本当に外れるか心配になるレベルで錆びてます。
チェーンクリーナの影響を受けているのだと思います

まとめ

二面ブラシは力が入れやすい

剛性の高いボディはガシガシ使える

ブラシ部が補修部品として販売しているので安心

 
バイクに乗っていると避けては通れないチェンシコ!
日頃のメンテナンスの道具、少しこだわってみるのはいかかでしょうか?
ユーヤん
最後までお読みいただいてありがとうございます。
ぺけ丸
引き続き二輪三昧をよろしくお願いします。
次回予告

  みなさん、チェンシコしてますか!今回 […]

目次 1 13日木曜日2 14日金曜日3 […]

目次 1 お盆休み2 8日土曜日3 9日 […]

目次 1 新しいヘルメットを買って数週間 […]

目次 1 連休前2 木曜日3 金曜日4 […]

ユーヤん
次回も、サービス、サービス!!!
ぺけ丸
ヤメロ!!!!
提  供
 
最新情報をチェックしよう!